司法書士がいて良かった。その声が聞きたくて



『司法書士は登記や法についてのサービス業。そして、お客様のライフステージにおいて希少かつ重要な瞬間に立ち会わせていただく仕事』

四谷司法事務所@加藤チームは開業から20年、当初からこのように考え、お客様が安心・納得できる法務サービスをご提供できるよう日々真摯に努力してきました

モットーは迅速・丁寧・適正価格

そして、次のステージを目指して司法書士難波誠を迎えて、司法書士法人を設立しました

アプリーガ司法書士法人として令和3年1月4日新たなスタートをきり、現在活発に業務に取り組んでいます。


「アプリーガ」
聞いたことがある様な、初めての様なこの言葉。
実は法人を立ち上げる際に考えた造語です。

・アプリケーション
・リーガ
・リーガル

これら3つを組み合わせました。

アプリケーションはスマホアプリとして、スマホの裏側で時には表で細やかに働くアプリケーションのこと。私たちアプリーガ司法書士法人の各司法書士は最適解を目指して働きます。

リーガはスペイン語で同盟や繋がりといった意味です。お客様や関係者との強い信頼関係や絆、信用を大切にしたいと想い事務所名の中心に位置します。アプリーガ司法書士法人の各司法書士はお客様や関係者との信頼関係を大切にしています。

リーガルは法律という意味。国家資格である司法書士は法律を知り、法律を守り依頼者に法的サービスを提供いたします。アプリーガ司法書士法人の各司法書士は常に学び経験し最善の法的サービスを提供できるようにいたします。

相談できる司法書士が身近にいる社会

そんな社会を私たちは目指しています。